業務内容

要約鑑定評価書

要約鑑定評価書 要約鑑定評価書は本来の不動産鑑定評価書を要約したものです。価格に関する厳密な根拠や詳細な説明等は省略してありますが、地域の特性や対象不動産の状況、価格判定に至るプロセス等が記載されており、適正な価格の把握という点では、不動産鑑定評価書に準ずる文書となります。

本来の不動産鑑定評価書では高度な分析が必要となりますので、通常、依頼を受けてから数週間程度を要し、報酬額もそれなりに高額となります。

そこで、不動産鑑定士に評価をしてもらいたいが、正式な価格証明までは必要ないという場合は、要約鑑定評価書が適しています。

内部的な資料として利用したい場合や不動産の価格を迅速に知りたい場合、予算の制約がある場合等にご利用下さい。

※使用目的によっては、公的に認められた不動産鑑定評価書が必要となる場合があります。また、依頼内容、依頼目的、物件の特性、難易度等により、お受け致しかねる場合がございます。予めご了承願います。

※不動産鑑定評価書及びその他の文書のうち、どの文書にすべきか迷われている場合、まずはご相談ください。事前相談において、ご依頼目的に最も適した文書、サービスをご提案いたします。